アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
深い眠り

不眠症を改善したい場合、これまでは医師に処方される薬を使用するケースがほとんどでした。
心療内科や精神科、内科等での医師の診察や処方箋が必要となり、実際の受診をためらううちに不眠症が長期化することも少なくなかったのです。
その後、薬店などでも睡眠導入剤が購入可能になります。
最近ではサプリメントを使用して不眠症を治していく方法が注目されています。
不眠症は眠りが浅かったり眠れないといった症状が長期間続く傾向があります。
そのため、日常生活にも時に支障をきたし、仕事や家事の能率が下がるなどの問題が起きてくるのです。
不眠症に悩む方は世代を超えて広がっています。
高齢者はもちろんのこと、主婦やビジネスマンなど働き盛りにも増えているのが現在の状況です。
昨今の不眠症対策のサプリメントの中には漢方薬を使用したものも増えています。
漢方では、不眠は病証の一つです。
背後には様々な体のバランスの乱れがあると考えられており、治療する場合には個人の体質や症状に応じた薬をその都度選んでいくことになります。
サプリメントの場合でも、体力のあり、なしや不眠の原因に応じていくつか種類があり、適宜商品を選べるようになっているのです。
不安を和らげたり血流を改善したりする効果が期待出来るのがこうした商品の特徴です。
最近は、出来るだけ体に優しい方法で不眠を改善していこうという傾向がみられます。
薬の副作用や依存性などへの懸念が広がっていることもこうした状況の背景にはあります。
社会の中で睡眠薬への偏見がこれまで強かったことも一因です。
サプリメントであれば、万が一他人に飲んでいることが知られても問題はありません。
むしろ健康志向の高いということで周囲の評価も上がるといったことが考えられ、ますますサプリメントの普及に拍車がかかっているのです。
不眠を始めとする不快症状の背景に心や体のバランスの乱れがあるということに現代人は気づき始めています。
根本から問題を解決していこうというのが現在の社会の風潮です。

オススメリンク

なかなか根付寝なくて不眠症でお困りの方はこちら| 不眠症を解消・改善するためのサイト

一粒を掴む

睡眠物質を効果的に

19世紀や20世紀には、医師に処方されたり、薬局で買うなどして睡眠薬を使用する習慣のある人がいました。現在も睡 […]Read more
リラックス

睡眠に必要な物質を

不眠症には寝つきが悪く何時間も目がさえたままでいる、あるいは夜中に何度も目が覚め途切れ途切れにしか眠れない、朝 […]Read more

関連リンク

BACK TO TOP